スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ペット保険】少額短期保険と損害保険の違い

損害保険会社は損害保険契約者保護機構に加入義務があるため加入しているので
万が一会社が破綻したとしても、機構から少なくとも3ヶ月以内は保険金が100%、
それ以降は保険金の80%支払われる。

破綻した会社を救済する別の会社が現れればその会社が保険を引き継ぐし
救済会社が現れなければ機構が保険契約を引き継いでくれるようだ。
(ただし破綻前に契約した条件内容が変更される可能性はある)
少額短期保険はそういった機構が無いので、破綻したらそれで終わり。そこまで。

ペット保険自体、どこまで当てになるかは分からないが、
突然無保険状態になるよりは少額短期保険は安心できると思う。

現在、日本にあるペット保険を少額短期保険と損害保険に分けてみました。
ペット保険選びの参考にして下さい。


【少額短期保険株式会社】
ペット&ファミリー  ※T&D保険グループの子会社
日本アニマル倶楽部  ※太平エンジニアリングの子会社
PS保険(ペットメディカルサポート) 
ペッツベスト
もっとぎゅっと
日本ペット ※日本ペット共済とは別会社

【損害保険株式会社】
アイペット
アニコム
アクサダイレクト(旧アリアンツ)

【小額短期保険株式会社へ移行準備中】
日本ペット共済

ペット保険で人気のあるアニコムは損害保険会社で万が一の場合も安心です。

【関連記事】
>>少額短期保険会社とは
>>猫ヘルペス(猫風邪)で7日で治療費5万円
>>アニコムとP&Fに実際にペット保険に加入した感想
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険 クチコミ・評判 人気記事ランキング(2011/03)
>>ペット保険 アニコムのクチコミ・評判
>>ペット保険を選ぶポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。