スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎不全と診断された高齢猫 水をあまり飲まない

うちに高齢猫がいます。腎不全と診断されました。
水を沢山取らせてね、と言われましたが、
カンズメ嫌いで食べないし、水は昔からあまり飲まないし、
ふやかしたドライは食べないし(療法食もだめ)
とっつかまえてシリンジで強制水分補給したら怒って
最近こちらの顔見ただけで逃げるし・・・
どうしたらいいでしょうか・・・牛乳は少しのむけど腎臓にダメだし・・・

⇒嫌がらなければ前足とかをさりげなく水でびちゃびちゃに濡らして
なめさせるという方法もありますが(濡らしても舐めない子もいます)、
療法食への転換は根気が必要ですね。色んな種類がありますので試して見るといいですよ。
食欲があるようなら療法食だけ出してしばらく放っておくとお腹がすいて食べたりします。
うちもそうでした。缶詰が嫌いならカリカリの療法食がありますので。

ストレスも腎臓に悪いそうですからあまり無理はせず点滴の回数を
増やして水分を補給したり、体に入る毒素を減らすためにネフガードなどの
活性炭(毒素を吸着するそうです。便秘や軟便になる可能性もあります)や、
乳酸菌(種類によっては体に入る毒素を減らすそうです)などを録らせるのもいいかと思います。

【関連記事】
>>ペット保険 クチコミ・評判 人気記事ランキング(2011/03)
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>ペット保険 アニコムのクチコミ・評判
>>股関節や膝関節の形成不全・脱臼の多いトイプードルはアニコム
>>ペット保険を選ぶポイント
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険・ぺティーナのクチコミ・評判
>>アリアンツ・ペット保険の特徴
>>Theペット保険PRISM(日本アニマル倶楽部)の特徴
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。