スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛猫が心筋症になって治療費が17万円

小さい頃から病気知らずで、病院のお世話になるのはワクチン接種の時だけだった愛猫が14歳で心筋症を患い、1ヶ月に満たない闘病生活を送って他界した。トータルの治療費は17万円弱。
病気も怪我もしたことない子だからペット保険は不要だと考えていたけど、この時はじめて入っておけば良かったと後悔した。
だからこの間うちの子に迎えた子猫は生後2ヶ月だけど迷わずペット保険に加入した。
今飼っている15歳になる猫はもう加入できないからせっせと貯金してるけど、体調崩すと幾らかかるか心配になるから、ペット保険は入れるうちに入った方がいいと思う。

【関連記事】
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>Theペット保険PRISM(日本アニマル倶楽部)の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険・ぺティーナのクチコミ・評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。