スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の歯の治療費

猫は口腔ケアをしてあげたとしても、高齢になるとどんな子でも大抵歯が抜けたりして歯の治療費は高いものですか?
8歳の雑種猫に保険を考えていますが、「歯科医療費」が保険対象外のものは避けた方が良いでしょうか?
ちなみに麻酔で歯石取りはしたことはなく、今のところ歯茎に腫れなどは見られず、ずっとドライフードです。

⇒ただの歯石取りなら、一般の動物病院で2万ぐらい?
歯科専門医だと歯周ポケット内まで掃除する。歯石取りで5万?口内炎で全抜歯だと10万~。
普通と歯科専門の違いは機材と技術。レントゲンも歯科専用のが置いてある。

【関連記事】
>>腎不全と診断された高齢猫 水をあまり飲まない
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険 クチコミ・評判 人気記事ランキング(2011/03)
>>ペット保険 アニコムのクチコミ・評判
>>ペット保険を選ぶポイント
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴
スポンサーサイト

猫が亡くなる数ヶ月は週6日通院で治療費が月に16万円

先代は子猫の頃はまだ保険が今ほど充実してなくてなんとなく入りそびれ、
亡くなる前の数ヶ月は週6日の通院だったのですが平均1回6千円でした。
月におよそ16万ほどの治療費が続いたわけですが、うちはたまたま払えたと思う。
「金ないなら飼うな」は最もだと思うけど、普通の社会人で毎月16万とか
貧乏の自覚なくても大変だと思う。
自分の食費減らして払うつもりがあっても、なくなりゃ払えないわけで。
自分の月収上回った場合、貯金を切り崩すしかないけどいくらあれば飼えるんだろう。

結局はっきりした病名はなくて、発端はガンだったけどそれは摘出して
でも同時期くらいに老猫の宿命とも言える腎臓病、それに伴い肝臓の数値も悪くなり。
正直、安楽死もすすめられたけど、それは「飼い主のふところの痛み」なくす目的で
猫自体は毎日5分程度で済む点滴注射で、最低8時間はしんどさから解放されてたから断った。
痛い治療なら考えていたかも。

自分は今の住まいを考える時に「徒歩で獣医に行ける」ってのを重要視した。
そして偶然ペットの治療費が払える額があった。
これって恵まれてたんだとすごく思う。
もしこれが「動物飼うならデフォ」なんて言われたら飼える人めちゃ少なくなるよ。

【関連記事】
>>ペット 治療費
>>ペット保険 クチコミ・評判 人気記事ランキング(2011/03)
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>ペット保険 アニコムのクチコミ・評判
>>ペット保険を選ぶポイント
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴

猫・子宮蓄膿症の治療費

ペット:猫雑種3歳
場所:千葉
症状:元気がなくじっとしている、嘔吐、ご飯を食べない、時々うなっている
診断:子宮蓄膿症
金額:101,260円
内訳:
再診料500 注射(抗生物質x1)2640 注射(抗菌剤x3)3300 注射(鎮痛剤x1)1400
点滴(静脈x1)6000 点滴(追加分x2)4600 採血1500 血液検査(8項)4000
超音波1500 麻酔14000 手術48000 入院(3泊)9000

一時はどうなることかと思ったけど今は膝の上でごろごろ言ってます。感謝感謝。
診断下りるまで2日程通院してレントゲンと血液検査と栄養剤
打って貰ってました。そっちは合計で17000位。

【関連記事】
>>ペット 治療費
>>ペット保険 クチコミ・評判 人気記事ランキング(2011/03)
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>ペット保険 アニコムのクチコミ・評判
>>ペット保険を選ぶポイント
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴

猫ヘルペス(猫風邪)で7日で治療費5万円

猫ヘルペス(猫風邪)とかは過去に1度も掛かった事ない場合
放って置けば命取りに成る場合も有る。

まだ軽い内にインターフェロン、抗生物質、輸液治療しないと
子猫とかなら酷い口内炎(潰瘍に成って何も食べれず死)、水分不足で腎臓疾患や肺炎起こして死ぬ場合も有る。

初回インターフェロン注射、抗生物質注射、輸液点滴、
血液検査、レントゲン検査(肺炎起こしてないか)
その後、インターフェロン、輸液、抗生剤注射で5日間ぐらい通えば
軽く、3万円以上の費用はかかる。

オレは野良のいつも見る子猫がこの猫風邪で死にかけたから飼い始めたんだけど
最初は鼻水とくしゃみから始って大した事ないかな?と思ってたら
みるみる熱が高くなって室内隔離したけど
涙と鼻水垂れ流しでその後2日間水も餌も食べなくなった。

ヤバイと思って慌てて医者に連れてったら
「かなり衰弱してますね。あと2日、3日放置してたら多分死んでたでしょう」って言われた。
ほんと、あの時はホッとした。
右目も角膜炎酷くて目やにだらけで瞬膜が戻らなく成って、失明寸前まで行ったけど
インターフェロンと抗生剤が思いっきり効いて2日後に夜には熱下がって餌も食べ始めた。
あの時は嬉しかったなあ。

少し時間は長く掛かったけど風邪も目もちゃんと治ったよ。
但し、治療費は通院7日間で総額5万近く掛かった。
猫飼ってる友達に聞いたら安い方だって言われたけど。
ちゃっとした風邪なら、病院に行く・治療は必要ないと言ってる人は多いけど、
命に関わることもあるので注意して下さい。

【関連記事】
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴
>>Theペット保険PRISM(日本アニマル倶楽部)の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険・ぺティーナのクチコミ・評判

愛犬が誤飲・開腹手術で費用が30万

ペット保険を考えるよりも前、生後半年ちょっとのころに愛犬が、
配線を壁に固定する為に使ってたコの字型の釘を飲み込んでしまいました。

すぐ動物病院に行って、開腹する手術をしました。
手術代・総額30万円掛かりました。
飼い主の不注意で死なせて後悔するくらいなら、手術代30万は仕方ないと思いましたが。
しかし、ペット保険の必要性を強く感じました。

【関連記事】
>>アイペット「うちの子ライト」の特徴
>>アニコム(アニコム損害保険株式会社)の特徴
>>アリアンツ・ペット保険の特徴
>>Theペット保険PRISM(日本アニマル倶楽部)の特徴
>>ペット&ファミリー・ペット保険「げんきナンバーわん」の特徴
>>ペット保険・ぺティーナのクチコミ・評判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。